ルアー溶剤接着25年の実績。社内生産(日本国内)高品質製品をお客様にご提供させて頂いております。

こんな事でお困りになっていませんか?

◎海外へプラグルアー生産を依頼したが、納品された製品に満足出来ない
◎海外生産は不安、国内で請負業者を探している
◎スプーンのフック付けをしてみたが、塗装が剥がれ・スプリットリングが開いて商品にならない

 

ルアー請負実績25年

管理責任者は某ルアーメーカーで長年プラスチックルアーの接着、削り、ディッピングを担当し、海外工場で生産されるプラスチックルアーの品質向上と安定の為海外へ出向。新製品の金型を作成される際に、グイジ止めの適切な箇所をご提案する事も可能です。年間10万個以上の接着品の生産、検品をしてきたノウハウをお客様にご提案させて頂いております。

安心宣言5箇条

弊社では、接着品の品質安定のため、必ず量産に入る前にサンプル品を5個程度接着します。

サンプル品を作成する際に、チェックする工程を設けております。

1.ズレ防止対策の必要性
2.水漏れ防止の必要性
3.ABS樹脂製品のヒケの確認
4.ABS樹脂の厚み確認
5.内部部材の寸法と適合性


チェック工程の中で一つでも不備がある場合は必ず、お客様に改善のご提案をさせて頂いております。

小ロット500個や大口生産での20,000個の場合でも安定した接着製品お客様にお届けする事が、私たちの使命だと思っております。

 

スタッフブログ

梅雨時期の生産管理

プラスチックルアー生産では 温度、湿度が製品の仕上がりに違いが出てきます。 富山は、年間を通して湿度が高い地域性もあり 特に6月から7月の梅雨時期や 11月から3月までの積雪が多い季節には 温度、湿度管理が特に重要になっ …

PAGETOP